BLOG

2012/8/22

森吉山の高山植物|コバギボウシ|ヤマブキショウマほか

ガーデンサービスチャンネル宮城のエリアキーパー、東北ランドスケープデザインの岩崎です。(毎週水曜日更新中です)

2週休んでしまいましたが、今週から復活です。

今週は、お盆のお墓参り(家内の実家)に帰省した際、車で20分ほどで行ける森吉山の高山植物をご紹介。

森吉山は、秋田県の中央に位置する1,454mの山で、花の百名山。

さまざまな高山植物に巡り合え、景色も良く、一度は訪れたいおススメの山です。

ゴンドラでかなり上まで行けますよ。


ゴンドラから眺める、ブナの林。

私が大学生の時の卒論は、ブナの研究でした。やっぱりいいなぁブナ林は。

それでは、高山植物のご紹介。


山道を登っていくと、ハクサンシャジンの花が、やさしく迎えてくれました。

薄い紫の小さな釣鐘状の花が咲き乱れ、とても癒されます。

続いては、


あざやかな紫色のコバギボウシ。

下界では、花はだいぶ前に終わってますね。

さらに、


ミヤマキリンソウ。

キク科アキノキリンソウ属。少し乾燥しているところで咲いていました。

最後に、


バラ科のヤマブキショウマ。

白い、小さな花が集まって咲き、ふわっとした柔らかい感じがいいですねぇ。

山で自生している植物を見て、ひと時の安らぎを感じてきました。

来週は、花でなく、実を紹介しようと思います。