BLOG

2012/5/30

どんどん咲いていきます|フイリタニウツギ チョウジソウ そしてバラ

ガーデンサービスチャンネル宮城のエリアキーパー、

東北ランドスケープデザインの岩崎です。

季節が良くなり、低木、宿根草、バラとどんどん咲き始めています。

まずは、先週に紹介したリュウキュウツツジのつながりで、


オオムラサキツツジ。リュウキュウツツジより少し遅れて咲き始めます。

葉や、樹形はほとんど変わりありません。

花の色がどちらが良いか、全体のバランスを考えて、寄せ植えしてあげるといいですね。

続いては、落葉低木。


フイリのタニウツギ。

ピンクから白に変化していく花は、かわいく、可憐な感じです。

続いては、宿根草。


ブルーの星形の花が、目を引きます。

キョウチクトウ科の耐寒性のある宿根草で、半日陰でも丈夫に育ってくれます。

50センチくらいの高さまで伸び、凛とした姿がお気に入りです。

チョウジソウは、漢字で丁字草と書き、花を横から見ると丁の字に見えることから名づけられたようです。

最後は、今年一番最初に咲いたバラ。


マダム・アルフレッド・キャリエール。

ノワゼット系のオールドローズ。

ティー系のフルーティな香りがたまりません。

強く、四季咲きなツルバラです。スペースを大きめにとり育ててあげたいですね。

バラの季節到来!そんな感じです。