BLOG

2012/6/6

アメリカテマリシモツケとアオハダの花が咲く。そしてバラも。

ガーデンサービスチャンネル宮城のエリアキーパー、

東北ランドスケープデザインの岩崎です。

今週は、落葉樹のご紹介。

まずは、アメリカテマリシモツケ・オーレア。


北米原産の耐寒性のある落葉低木。

バラ科フィソカルプス属。

病虫害にも強いです。


球状の白いふわっとした花が、とても目につきます。

やさしい感じがとてもいいですね。

そして、この木の特徴は、葉の色にあります。


カマクラヒバの生け垣の濃い緑と、アメリカテマリシモツケの黄緑の葉のコントラストを楽しめます。

このアメリカテマリシモツケにはディアボロという人気品種もあり、こちらは銅葉(赤い葉)です。

そちらもおすすめです。

 

続いては、落葉高木のアオハダ。

モチノキ科モチノキ属。


よく見ないと気づかないような小さな花ですが、ミツバチが毎年蜜を集めにくるので、花が咲いているのを確認することができます。

株立ちの形の良いアオハダがあれば、おススメしています。

 

うーん、やっぱりバラの写真も入れておこう!


今年も花芽をいっぱいつけてくれました。

ツル性のオールドローズ。ティー系のバラで、香りもあり人気のある品種です。

枝は硬めでトゲが大きく、誘引するときは気を付けて、という感じです。

丈夫で、病虫害には強いですね。

まだ咲き始めたばかりですが、事務所の入り口の階段のわきで、心地よい香りを演出してくれています。