BLOG

2011/11/16

紅葉と秋のバラ

ガーデンサービスチャンネル宮城のエリアキーパー、東北ランドスケープデザインの岩崎です。

今週は、というより今週もという感じですが、木々の紅葉と秋のバラのご紹介。

まずはサルスベリの寄せ株の紅葉。


今年の紅葉は、いまいちだという声を耳にしますが、仙台ではそんな感じはありません。

特に西日本では、暖かい秋のおかげで、紅葉する前に葉が枯れてしまっていると聞きました。

温暖化の影響なのかなと感じています。

このサルスベリも2,3日前まではもう少し黄色く、葉ももっと着いていたのですが、寒さと風で葉が落ち赤くなってきました。

 

お次は、何の木かわかりますか。



って、葉っぱがもうないじゃん。

正解は、ジューンベリーの紅葉です。

こちらはもうすっかり、葉が落ちてしまい枝先に数枚だけ残っている状態です。

 

それでは、秋のバラシリーズ。

今回は3種類。

木々の葉が落ちて寂しくなるこの時期に咲いてくれる秋のバラ。

とってもうれしいですね。

ジャック・カルティエ。


繰り返し花を咲かせ、ロゼッタ型の花形は秋の方が美しいとも言われています。

そして、香りもいいんです。

樹形は、コンパクトで鉢植えにも向きます。

 

お次は、




マジカルミラクル。

このバラは、いただき物。

薬剤散布をしなくてもいいくらい強い品種です、といただいたのですが、やはり病虫害はほかのバラと変わりありませんでした。ただ、丈夫なことは間違いありません。

香りはほとんどありません。小さめのオレンジ色のローズヒップを楽しめます。

 

最後に、



グラハム・トーマス。

とても人気のある、イングリッシュローズですね。

秋の時期は、黄色の色味は薄くなりますね。

非常に丈夫な品種で、耐病性、耐寒性に優れます。

香りも良く、おすすめのひとつです。

 

来週も秋のバラをご紹介できると思いますが、急に寒くなってきたので大丈夫かなー思ってます。