BLOG

2011/10/12

秋のバラとシュウメイギク

ガーデンサービスチャンネル宮城のエリアキーパー、東北ランドスケープデザインの岩崎です。

秋を感じる季節になってきましたね。

あー、秋だな感じる要素はいろいろありますが(稲刈りやサンマ、秋の青空。あげたらきりが無くなりますね)、私が、植物で最初に秋を感じるのはキンモクセイの香りです。どこからとなく漂ってくるあの香りを感じると、秋の訪れだなと思ってしまいます。

今日の最初の写真は、シュウメイギク。


お客様のお宅ですが、アプローチに白い花を次々と咲かせ、やさしい雰囲気が出ていますね。

そして玄関の方へ、曲るとそこにはピンクのシュウメイギク。


同じ花でも、色の違いがアプローチを楽しませてくれます。

続いては、秋のバラ。


今年もアイスバーグさんが次々と白い花を咲かせてくれそうです。

とっても優秀なバラで、初心者にはまずおススメの品種です。

1983年には世界バラ連合殿堂入りのフロリバンダ系の白花のバラです。

続いてもフロリバンダ系のバラ。

アプリコット・ネクター。


青空に映える、アプリコット色のバラ。

花自体は、大きめです。四季咲きで香りも良く、お気に入りです。

1965年にアメリカで作出され、翌年にはオール・アメリカン・ローズ・セレクション(AARS)賞を受賞した優秀なバラです。