BLOG

2011/7/13

今週の草花あれこれ。ラバテラ・ホワイトサテン、ラベンダー、アカンサス・モリス。

東北地方も梅雨明けとなりました。

暑い日が続きますが、清涼感のある草花をご紹介しましょう。

ガーデンサービスチャンネルみやぎのエリアキーパー、東北ランドスケープデザインの岩崎です。

 

まずは、アオイ科ラバテラ属の宿根草、ラバテラ・ホワイトサテン。

アオイ科の植物が咲く時期ですが、一年草のものが多く、宿根草のラバテラも珍しいかもしれません。

そんな中、花は小ぶり(5~7センチ)でしかっりしていて、形もかわいく白花のホワイトサテンは、とってもお気に入りです。


その上、次々と花を咲かせてくれるので、長期間楽しめます。


草丈は、1.5メートルと背丈もあるのでボーダー花壇のバックにもいいですね。

耐寒性もあり、暑さにも強い植物です。

ただ、草丈が高いので、風で倒れないように支えが必要になりますね。

 

お次は、ラベンダー。

ラベンダーといえば、北海道の富良野が有名ですね。

もともとラベンダーは、湿気、蒸れを嫌うので梅雨のない北海道には向いているんですね。

ここ仙台でのおすすめの品種は、ラバンディン系やストエカス系です。

フレンチラベンダーは寒さに弱いので、地植えでは冬越しが難しいですね。


優しい紫の花色が、涼しげでいいですね。

そして、写真では伝えることできない香りが、癒しをあたえてくれます。

下に、メモリアルハーブガーデンのラベンダーの写真をあげておきます。

墓地のガーデンですが、ラベンダの香りに包まれたとてもいい空間です。


ハーブを中心とした墓地の設計、施工をさせていただきました。

ちょうど、今の時期がラベンダーの見ごろです。


花の先端にリボンがついているような感じのかわいいラベンダー、ストエカス系。


さらに、白い花のラベンダー。

ラバンディン系、アルバ。


ラベンダーの香りを楽しみながら、墓地でのひとときをお過ごしいただいております。


 

最後に、おまけ?

半日陰のスペースに上品にたたずむアカンサス・モリス。


つやのある、大きく切り込みのあるはとても特徴があります。

あれ、どこかでこの葉を見たことがある、いや、アカンサスって聞いたことがある、という方もいらっしゃるかもしれません。

古代ローマ時代より、この葉のモチーフは建築様式に取り入れられていたり、食器にもこの葉が描かれているものがあります。

花は、白に藤色が入ります。

植えるときは、スペースを十分取ってくださいね。葉の大きさは50センチ以上にもなりますよ。

地面凍るような寒さには弱く、葉が枯れてしまいますが、春先から葉が出てきて何とか冬越ししてくれます。

花の丈は1メートルぐらいなので、こちらも花壇のバック(背景)におすすめです。

さて、来週は何の花にしようかな、ヘメロカリスやリシマキア・ファイヤクラッカーあたりかな、、、。