BLOG

2011/6/8

今週もバラの花と緑に囲まれて。

今週も、多くのバラが咲いています。

ひとつひとつの花が咲くたびに、花に鼻を近づけ、香りを楽しんでいます。

ガーデンサービスチャンネル宮城、東北ランドスケープデザインの岩崎です。

前回のエリアキーパ日記の最後に、マダム・アルディの虫食いの花芽を見ていただきましたが、咲きました。

マダム・アルディ。

花の中心部に、緑の部分が見えますよね。

この白い花の中心にあるグリーンアイ(緑の目)が特徴です。

香りもよく、おすすめのオールドローズです。


芸術的な美しさです。

葉の色もやわらかい緑で、全体に上品な雰囲気です。

 

続いてもオールドローズ。

スーヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン。

ソフトピンクの花が繰り返しよく咲く、こちらもおすすめの品種です。

写真の色は今一つですが、香りもとってもいいですよ。


こちらも上品なバラとして人気がありますね。

 

続いてもおすすめ、ってほとんどがおすすめになっちゃってますが、、、。

マダム・アルフレッドゥ・キャリエール。


写真のように、つる性のバラです。

オリジナルの鋳物の支柱を利用して、枝を横に伸ばすように仕立てています。

横に伸びている枝の上に、花芽を伸ばし咲いてくれています。

緑に中に咲く、一輪のバラ。

香りもとてもよく、四季咲きの品種です。

 

続いては、モダンローズ・フロリバンダ系の『しのぶれど』。

京成バラ園芸作の品種。

四季咲きで香りもいいです。


私は、なんといっても優しい藤紫の上品な色が好きです。

バラの香りがお届けできないのが残念です。

 

少し一息ついて、バラ以外の花を紹介します。


アメリカテマリシモツケ。

白いふわっとした花が人目を惹きます。

耐寒性のある落葉低木。

春の芽吹きの葉の色は、明るい緑でこちらも人目を惹きます。

濃い緑の木々の間に植えてあげるとより効果的です。

このアメリカテマリシモツケに『ディアボロ』と言う銅葉(赤い葉)の品種もあります。

こちらもおすすめですね。

 

最後は、以前にも何度か(?)紹介したフイリオオベニウツギ。


花の色の変化と、葉の色のコントラストを楽しめる、落葉低木。

ふと、足が立ち止り、しばらく眺めていたい、そう思わせてくれます。

思わず、きれいだなー、と声が出てしまいます。

 

今週はここまで。来週もバラの紹介が続くと思います。