BLOG

2011/4/13

春の球根草花

今日は、前回のクロカッスに続き、植えっ放し球根(=手間いらず)の第2弾のお話し。

ガーデンサービスチャンネル宮城のエリアキーパー、東北ランドスケープデザインの岩崎がお届けします。

それでは、私のおすすめをご紹介しましょう。

写真はいずれも、今朝撮ったものですよ。



少し下向きに、うつむき加減に可愛い花が咲いている、シラー シビリカ。

耐寒性もあり丈夫で育てやすい。だから植えっ放し球根って言うですけど、、、。

写真の青紫色のほかにも、白や青があります。

続いて下の写真は、


同じユリ科の植物、チオノドグサ。

シラー同様、耐寒性もあり丈夫です。

植えっ放しでも徐々にふえてくれます。

群生してくれたら、とってもきれいですよ。

白色のほかに、ピンク、紫があります。

いずれも、秋植え球根ですので、この秋にガーデンセンターや園芸店で見つけたら購入してみてください。

そして、植えつけるときはまとめてごろっと植える!5~10球ぐらいまとめて植えてくださいね。

よく言う話ですが、球根を植えるときは一掴みとか両手にのせた球根をごろっと落として、止まったところに植える、っていうんです。

そうすると、花が咲いたときに自然に見えますよ。

最後に、


この球根さんたちが植わってる場所です。

青空にどーんと伸びている、カツラ(落葉樹)の株立ちの根本なんです。

春咲く球根に日が当たるように、落葉樹の根元に植えてあげてください。

春先に、落葉樹の根元に咲く球根草花を楽しむなんて、とっても幸せな気分になれますよ。

そうそう、カツラの宣伝もしておきますね。

いい形なんです、このカツラの樹。

カツラは大きくなるのでスペースが必要ですが、このような形のいいカツラはとってもおすすめです。

これからのハート形の葉の芽吹きが楽しみです。

ということで、おすすめ球根のお話しでした。