BLOG

2012/7/18

ユスラウメの実、ヤツデ散斑入り アカンサス・モリス 

ガーデンサービスチャンネル宮城のエリアキーパー、東北ランドスケープデザインの岩崎です。(毎週水曜日更新中です)

今週の植物は、とっ散らかってる感じ(うーん、紹介する植物につながりがない)ですが、目に付いた植物をささっと、貼り付けけます。

まずは、ユスラウメ。バラ科サクラ属の落葉低木。

とても丈夫な木ですね。

春先に、かわいい白い花を紹介しましたが、


実が付いたので、貼ります。


赤実でなく、白実のユスラウメもなかなかいいですよね。

赤実の花は、少しピンクがかっていますが、白実の花は、上の写真のような真っ白な花です。

続いては、ヤツデの変わり種。

日本原産のウコギ科ヤツデ属。

日陰でも丈夫に育つ植物ですね。


そのうち、見直したい日本の植物をまとめようと思っていますが、このヤツデもそのうちの一つになりますね。

斑入り(フイリ)のヤツデはだいぶ見るようになりましたが、こちらのヤツデはまだらに斑(フ)が入る珍しい品種。

それだは、最後は宿根草。

アカンサス・モリス。


キツネノマゴ科ハアザミ属。

目立つ大きな葉は、ぎざぎざの大きな切れ込みがあり、花茎がギュッと1メートル以上にも伸び、写真のような白い花を咲かせます。

以前にも紹介しましたが、この特徴のある形の葉は、古代ローマよりデザイン化され建築の柱などに使用されていたりします。

お店で9センチポット売っているのを見かけますが、半日陰の広い場所(70~80センチ以上)に植えないと葉が大きく伸びやっかいな事になりますね。

それでは今週はここまで、と思って先週の日記を見たら、バラを今週紹介する予定だったのか、と気づきました、、、。