BLOG

2012/6/27

今週の宿根草|カンパニュラ セダム ニワセキショウ リピア

ガーデンサービスチャンネル宮城のエリアキーパー、東北ランドスケープデザインの岩崎です。(毎週水曜日更新中です)

今週は、宿根草をご紹介しましょう。

先週は、白花のカンパニュラを紹介しましたが、今週はブルーの花。


ブルーデライト。高さは80センチくらい。濃いめの紫色とダブルのカップ咲きの花が目立っています。少し変化をつけたいときに、入れてあげるといいですね。

続いては、


ニワセキショウ(シシリンチューム)・ストリアタム。

アヤメ科の耐寒性のある植物です。

ちょっと珍しいかな思いますが、こぼれ種で生垣の根元からぐんぐん育ち、薄い黄色い花を咲かせてくれました。少し乾燥気味の土壌を好むようです。

続いても、生垣の根元から出てきた、


耐寒性のある、ベンケイソウ科のセダム・セルスキアナム。

こちらも乾燥気味で大丈夫で、日当たりを好む植物です。

グランドカバーとして手のかからない宿根草です。

春先に出てくる葉の形もかわいく、黄色い花が咲くまでの変化も観察していると楽しめますよ。

最後は、リピア。クマツズラ科の耐寒性のある宿根草。

砂漠の緑化にも研究されているくらい乾燥に強い植物で、どんどん広がり繁茂していきます。


花がやっとで咲き始めたところです。

こちらもグランドカバーとして、よく目にするようになりました。

広がりすぎないように、管理してあげることが必要ですよ。

と、今週はここまで、何とか更新。