BLOG

2011/12/14

落葉後の樹形|シャラノキとヤマモミジ

ガーデンサービスチャンネル宮城のエリアキーパー、東北ランドスケープデザインの岩崎です。

今週は、先々週の落葉後の樹形の続きを。

まずは、雑木の代表格、


シャラノキ。仙台ではナツツバキと言うよりシャラと言いますね。

ツバキ科ナツツバキ属。

花が咲く6月から7月が一番の晴れ姿かもしれませんが、落葉後の幹肌も見どころの一つだと思います。

ということで、幹肌のアップを。


古い樹皮がはがれ、赤褐色の滑らかな樹皮が現れてきます。

お客様から、病気?枯れそうなの?とお問い合わせをいただくこともありますが、ご心配はいりません。

まっすぐに伸びる幹の肌合いは、美しいですね。

 

続いては、


ヤマモミジ。(手前のほうです。奥は先々週ご紹介したカツラの株立です。)

カエデ科カエデ属。

イロハモミジの変種の一つで、名前は山に映える紅葉の意味だそうです。

紅葉が終わり、剪定の時期になりました。

ここで、一つ注意事項。

株の根元をよく見てください。


実際は、もーっと近づかないといけませんが、根元の地面に木くずが落ちているか観察してくださいね。

この木くずの正体は、カミキリムシが卵を産み、その幼虫であるテッポウムシが侵入した形跡です!

樹幹の中を食い荒らし、木が枯れます、、、。弱った幹に入りやすいと言われいます。肥料をあげて健康な状態にしてあげることが予防の一番。

今年も夏の初めごろから、お客様宅のモミジにテッポウムシが侵入しました。

もし、木くずを見つけたら、お近くのガーデンサービスチャンネルにご相談ください。

今週も何とか更新。