BLOG

2011/8/10

季節の草花。カラミンサ、ブッドレア、カルーナ。

ガーデンサービスチャンネルみやぎのエリアキーパー、東北ランドスケープデザインの岩崎です。

今週は暑い時期に咲いてくれる草花のご紹介。

 

まずは、ハーブ。

この暑い時期にも花が咲き、鉢植えにも地植えにも向く、カラミンサ。



<淡いミントの香りもよく、おすすめも宿根草ですね。

シソ科の植物で、耐寒性もあり、多少の日陰でも毎年花を咲かせてくれます。

花は少し青みがかった白で、たくさんの花を咲かせてくれます。

切り戻してあげると、秋までながーく楽しめます。

この写真では落葉樹(シャラノキとサルスベリの間)の下に植えています。

涼しくなったころに、カラミンサの隣のサラシナショウマが咲き始め、季節の移り変わりを感じます。

 

さて、お次は落葉樹のブッドレア。

フジウツギ科の植物。

ブッドレアは園芸品種、たまに空き地で実生(種から成長)で大きくなったブッドレアを見ますね。

これまた夏の暑い時期に、次々に花を咲かせます。

よく目にするのは、パープル(紫)色かな。

写真はアルバ(白花)です。


花が、咲いているところはきれいだけれども、咲き終わって茶色くなっているところは気になるかな。次々と咲き、たくさんのハチさんが蜜を集めに来ます。

たまに、10センチくらいのビニールポットで売っているのを購入し、地植えして大きくなりすぎて困っているというご相談を受けます。

寒さにも強くどんどん伸びるので(5メートルぐらい)よく場所を考慮して、植えつけないといけませんね。

 

お次は、カルーナ。

ヒース、エリカ、カルーナってよくごっちゃになってしまいますね。

いずれも南アフリカやヨーロッパ原産のツツジ科の植物です。


かわいい、紫がかったピンクの花が咲き始めています。

穂先に花芽がたくさんついているので、これからも花を長く楽しむ事ができますね。

この写真のカルーナは葉の色の変化も楽しめる品種です。

この時期写真のように、やさしい深緑色ですが、寒くなってくると銀灰色(シルバーグレー)に変わっていきます。

ヒースにはたくさんの品種があります。

耐寒性に強く、梅雨時期の蒸れにも強い品種をおすすめします。

 

最後に、今週はながーく楽しめる花という事つながりで7月13日のエリアキーパー日記で紹介したラヴァテラ ホワイトサテンの写真を。



いまだに咲き、とても癒されています。