BLOG

2017/9/13

今週の花草|フウロソウ へメロカリス ベロニカ ホスタ

東北ランドスケープデザインの岩崎です。(毎週水曜日更新中です)
どうやら週末の連休中に台風が来てしまうみたいですね。この時期に見られる花草たちに大きなダメージが出ないことを願うばかりです。
朝晩の気温がだいぶ低くなってきたので季節の変化を感じている今日です。

フウロソウ

フウロソウ科エロディウム属。フウロソウの花は2㎝ほどの小さな花で、キレイな脈が入っています。秋のこの時期には葉の紅葉も始まるのでその姿を見るのが待ち遠しい。
続いてヘメロカリス。

ワスレグサ科ワスレグサ属。ヘメロカスの花は短命で1日でしおれてしまうので、別名「デイリリー」という名前もついています。ただ、1本の花茎にたくさんの花を咲かせるので長期間花が楽しめます。
ヘメロカリスは2種類にわけられ、冬は落葉して冬眠するタイプと緑の葉が残る常緑、半常緑タイプがあります。毎年花を咲かせてくれる多年草です。

ベロニカ

世界に200~300種があるベロニカ。ルリトラノオなどの仲間で、縦に伸びるその容姿が美しく、スマートな草姿とさわやかな淡い色が魅力的です。ボーダー花壇では必ずと言っていいほど植えられており、長細い穂が並んで整列して咲いている姿には心うばわれてしまいます。オオバコ科のクワガタソウ属です。
続いてホスタ。

キジカクシ科 ギボウシ属。
ホスタは葉が主役で鑑賞対象です。初夏から秋口にかけて白っぽい涼しげな薄紫の花を咲かせます。
基本的に多年草なので環境さえ整えば毎年鑑賞を楽しめます。

今回はここまでとします。