BLOG

2017/8/9

私の好きな花|アカバメギ|アネモネ|カラミンサ|カルーナ

東北ランドスケープデザインの岩崎です。
前回に引き続き私の好きな花をご紹介いたします。
まずは、アカバメギ。

メギ科メギ属。1年を通じて鑑賞できる落葉低木です。生垣なんかでよく使われていますね。
秋になると、濃色になり赤い実をつけます。待ち遠しいですね。


続いて、アネモネです。

キンポウゲ科のイチリンソウ属。
春を代表する球根花で、品種は100種類以上あるんですよ。毎年のように新しい品種が出てきていて白色だけではなく、最近では発色のいい色やパステルカラーなんかも出てきているんですよ。

こちらは赤色と淡い紫色のアネモネです。白色もカラフルな色もとても愛らしいですね。

つづいて、カラミンサ。

シソ科のトウバナ属。カラミンサは、白やピンク、淡紫色の小さな花が群がって咲きます。ミントの香りも漂い、葉はハーブティーとしても使えるんですよ。耐暑性、耐寒性に優れており夏場は花が少ないですが、初夏から秋ごろまで長期にわたって開花します。

今回最後の紹介は、カルーナ。

紫がかってきてかわいらしい花。カルーナは前回紹介したエリカと同様ヒースとも呼ばれる1属1種の常緑低木です。
エリカは花弁が大きいので目立ちますが、カルーナは花弁が小さく、その代わりに萼が大きいのが特徴なんです。冬期は赤や黄色に美しく色づくものが多くあります。

自然のすごさを改めて感じますね。それではまた次回。